HOME > 泰楽の最新情報一覧

ブログ

1~1件目 (1件中)
rss

麻疹(はしか)は、流行ってる?


先日、報道を見ていると麻疹(はしか)が流行っているという報道を見ました。

なんでも年間の罹患数が100人を超えたとか・・・。
100人というと多いなぁって感じです。
気になったので少し調べてみると、例年に比べると通常通りの報告のようです。
データを見る限りでは、昨年が特別少ない罹患数だったようです。
今年もすでに38週を迎えていますのでデータでいうと近年(2009~2014年)においても少ない罹患数ということとなります。
とはいえ、ここ数週での罹患数の増加は、注意してもいいところです。

麻疹の予防法は非常に難しく、感染力も強いので手洗いでも完全な予防はできないようです。
また、重篤な症状になる可能性も決して低いものではないですので侮ることはできません。
そこで最も有効な予防手段が、予防接種の2回射ちです。
幼児期に1回目、小学生の低学年で2回目といったのが一番の予防法のようです。

2001年に大流行したときは罹患数が、なんと28万人強・・・。
今年の現段階の200倍以上の罹患数です。

これを検証してみると、どうも予防接種1回射ちで免疫がしっかりと獲得できていない人や予防接種を受けていない人の間に流行したようです。

2回の予防接種で麻疹の抗体(ウイルスと戦う力)は、ほぼ獲得できるようですので、しっかりと対策はしておきたいですね。

ただし、麻疹の予防接接種は、生ワクチンのため、妊婦さんへの処方はできないとのこと・・・。
風疹は、胎児の成長に大きく影響をいたしますが、妊婦が麻疹に罹患すると早産や流産のリスクが高くなり、母体に至っては、命にかかわることもあるそうです。
数年前に、風疹が流行った時に、MRワクチン(風疹・麻疹の混合ワクチン)を接種しておけばよかったという人が結構多いという報道もあります。
麻疹ワクチン接種後、2か月は避妊をするのが望ましいということですので、赤ちゃんを望むカップルには、男性も女性も2回の予防接種を母子手帳で確認できないようでしたら、早いうちに対策をしておきたいところです。

麻疹は、事前の準備で避けることのできる疾患です。
むやみに怖がらずに、まずは自分が抗体を持っているかの確認をお願いしたいですね。

※今回の報道が過熱しているのは、感染経路が空港と人気歌手のコンサートが原因の一つのようです。
難しいですが、海外から入ってくる麻疹を未然に防げる体制の確立も急いでほしいものです。



ページの先頭へ

1~1件目 (1件中)
rss
返金制度
せんねん灸プレゼント
相談会
できること
セルフケア
セルフケアサポーター
お灸で健康管理をしたい人急増中!!
お灸のやり方がわからないなどの疑問に、プロの視点でアドバイスさせていただきます。
問い合わせ
メールでお問い合わせ