HOME > 泰楽の最新情報一覧

ブログ

1~1件目 (1件中)
rss

強すぎる刺激はしたくない。


強すぎる刺激はしたくない
 
19歳で見習いとして、治療院で働き出したので今年で20年のキャリアとなるのですが、今までいろいろな患者様の治療を通して思う事があります。
 
先日来られたこんな患者様。
 
鍼灸・マッサージ・カイロプラクテック・整体など、ありとあらゆる治療を受けても症状が改善しないと言われます。
私が考えられる治療を行いましたが、「触られているのはわかるんですが、気持ちいいとか、よく効いている」と言った感じはなかなかない様子でした。
それどころか、どんなに刺激量を上げても感じないと言われました。
 
実は、こういった患者様は今までの治療家歴をたどると少なくありません。
 
原因は、2つあると思います。
1つ目は、大きな刺激で痛い治療を我慢した方が効くと思うし、やってもらったという満足度が高いと言う患者様の気持ち。
2つ目は、そういった気持ちを受け入れて、大きな刺激で満足できなければさらに大きな刺激を入れると言った治療家の手技。
刺激がしっかりと感じられる間は、こう言った治療法に方針であっても、患者様の意向を尊重するなら決して間違いではないかもしれません。
 
ですが、一端、刺激を感じなくなってしまうと、患者様は、もっと大きな刺激を求め治療院をおとずれます。
道具を使って皮膚に一生残るほどの傷がつき、出血していてもわからない。
それほどの刺激の治療(ここまで行くと治療とは言わない気がしますが)であっても物足りず、治療院の梯子を繰り返す事となってしまします。
 
患者様の治療の目的は、どこにあるのかを治療家は深く考える事が必要と思います。
治療の目的が、慰安や心地よさを追求することなら、もしかしたら強い刺激を増やす事が患者様の気持ちに寄りそう事になるのかもしれません。
ですが、治療目的が症状の改善であったり、健康維持増進ならば、皮膚に傷がついて出血するほどの刺激は必要がないと私は思っています。
適切な部位に適切な刺激量を使用して、症状の改善ができるようにすることが治療家の本当の仕事と思います。
 
もし、あなたが、Drから1日1錠の痛み止めを処方されたとします。
この痛み止めでは効き目がなく、Drに1日2錠にしてはダメかと聞いたとしたら、きっとこう言われるでしょう。
「増やすのはダメですが、違う痛み止めを処方します」
これは、刺激を増やすより、違ったアプローチで体に合った治療法を考えるとことで、患者様の症状を回復安定させると言う事です。
 
鍼灸でもマッサージでも同じです。
闇雲に刺激を増やして、大きな負担を患者様の体に入れることは、良くない事と考えます。
 
心地よく寝てしまうほどの刺激で、患者様の症状が回復できるよう常に患者様に合った優しい治療を提供できるようにしてまいります。
 


ページの先頭へ

1~1件目 (1件中)
rss
返金制度
せんねん灸プレゼント
相談会
できること
セルフケア
セルフケアサポーター
お灸で健康管理をしたい人急増中!!
お灸のやり方がわからないなどの疑問に、プロの視点でアドバイスさせていただきます。
問い合わせ
メールでお問い合わせ