HOME > 泰楽の最新情報一覧

ブログ

1~1件目 (1件中)
rss

風邪は薬では治らない。


ここのところ、朝夕の気温が下がってきているので、体調管理が難しくなっています。
こういった時期には、「風邪を引いた」や「風邪気味です」といった患者様が増えてまいります。
 
風邪は、別名急性上気道炎といい、のどや鼻の粘膜が炎症を起こした状態をいいます。
 
炎症を起こす原因は、ウイルス感染であったり、細菌感染であったりします。
細菌感染の場合は、細菌にあった抗生剤や抗菌剤の処方で症状が劇的に回復することはありますが、ウイルス感染の場合で起こった風邪は、抗生剤や抗菌剤では治らないんです。
中には、風邪症状を引き起こすウイルス感染の中のインフルエンザウイルスのように抗生剤が効くものもありますが、基本的にはウイルス感染の風邪は、薬では治らないと思った方がいいと思います。
 
抗生剤などの特効薬が効かない風邪には、Drから解熱剤や咳止め、鼻水止めだったりと症状を緩和する薬が処方されます。
これは、対症療法といって、辛い症状を和らげるものですので、風邪を治す薬ではないんです。
 
では、どうやって風邪を治せばいいんでしょうか?
 
それは、たっぷりの休養とたっぷりの栄養を取ることです。
この2つは、免疫力を高めることに役立ちます。
 
風邪は、基本的には自力で治すんです。
 
発熱や咳は、体の防衛反応ですので症状緩和の薬(対症療法の薬)は、飲まない方がよいという考え方もあります。
ですが、38℃を超える発熱や寝れないくらい咳をしていると質の良い休養と栄養接種ができないと思います。
こういった場合は、対症療法の薬も必要ですね。
 
薬で治らない風邪は、鍼灸治療を試してみてください。
38℃、39℃の熱があるのに鍼灸院に行こうという方は、少ないと思います。
ですが、風邪の引き始めの背中がゾクゾクしている時や熱が下がった後の体のけだるい感じ、頑固な咳などは試してみる価値ありです。
鍼灸で風邪なんて治療できるの?と思われる人もおられると思いますが、実際はよく効くんですよ。
特にお灸は、治療後、スッキリしたという患者様も多く、症状改善が十分に期待できます。
 
そうは言うものの、風邪を引かない体つくりが最も重要です。
日ごろから、しっかり睡眠をとったり栄養をたっぷり取ったり、気温の変化に気を付けて衣服で体温調整をしっかりしたいところです。
 
それに加え、疲れが溜まらないようにお体のメンテナンスをして、常に免疫力の高い体を維持していきたいですね。
 


ページの先頭へ

1~1件目 (1件中)
rss
返金制度
せんねん灸プレゼント
相談会
できること
セルフケア
セルフケアサポーター
お灸で健康管理をしたい人急増中!!
お灸のやり方がわからないなどの疑問に、プロの視点でアドバイスさせていただきます。
問い合わせ
メールでお問い合わせ