HOME > 泰楽の最新情報一覧

ブログ

1~1件目 (1件中)
rss

病院に行った方がイイ?


皆様、こんにちは。
京都の鍼灸院、
けいらく鍼灸院 泰楽の院長、鍼灸師の勝田です。
 
患者様と話をしていると出てくるものに、「病院に行った方がいいですか?」と言うものがあります。
症状によりますが、患者様の不安を取り除くのに必要であれば、病院に行ってもらうことがあります。
 
鍼灸院に訪れる患者様は、大枠この3パターンくらいと思います。
  • 病院に行ってもなかなか良くならないから、鍼灸院に来た。
  • 病院では、治療法がなかったので鍼灸院を訪ねた。
  • お薬を飲みたくないから、鍼灸院に来た。
  • 以前に行っていた鍼灸院で症状がとてもよくなったから。
 
病院に行ってもなかなか良くならないという方は、藁をもすがる気持ちでいろいろな治療法を探して来られた方でしょう。
治療法がなかったという方は、症状改善ができないことに途方に暮れ、いろいろな治療法を探されたことでしょう。
お薬を飲みたくないという方は、お薬が合わないためにほかの治療法を試してみたいという方でしょう。
この①~③のパターンは、病院では、しっかりと検査や治療を受けてこられていますので、いわゆる「確定診断」は終了していて、症状の原因や今後の経過は、予想ができる状態ですので症状改善に向けて安心して治療を受けていただくことができます。
 
以前に行った鍼灸院で症状がよくなった方や病院に行かずにお薬を飲みたくないと言っておられる方の④と③の一部は、確定診断がなされていないので症状改善がなかなか良い方向に向かない場合は、病院に行ってもらうことがあります。
 
確定診断をしてもらう症状の主なものとしては以下があります。
  • 手足にしびれが強くある場合(ヘルニアの有無や中枢神経に異常がないかを確認する)
  • 骨折や亜脱臼の疑いがある場合
  • 夜間の自発痛が強い場合(場所によっては、内臓疾患などが隠れている場合がある)
  • その他、西洋医学的な治療の方が患者様のQOL向上が早期に訪れると思った時
 
確定診断をしてもらう一番の理由は、
病気の発見と否定です。
検査をして、仮に手術適応になるほどの大きな疾患が見つかってしまったら、早期発見と言うことで直ちに適切な処置をしてもらえ、QOL向上に非常に役に立ちます。
逆に大きな疾患が見つからなかったら、「自分は大丈夫」と言う安心が得られます。
 

確定診断が必要だからと言って、東洋医学的な見方がダメと言うわけではありません。
 
手にしびれがある方で確定診断をした後、頸椎ヘルニアが見つかっても、手術適応にならないようならば、保存治療と言うことで東洋医学の出番がやってきます。
骨折をしていてギプスを巻いていても、その他の場所を治療することで早期にギプスを外すのに役に立つことがあります。
 
キーポイントは、「手術適応になるほどの症状か?」と言うところです。
 
1日でも早く、患者様を病苦から救い出すために、最も良い方法を考えるもの東洋医学を業としているものの役割です。
 
東洋医学、西洋医学のイイ所取りをして、患者様の体調管理に役立てるようにいたします。

 
 
京都の鍼灸院 泰楽の鍼灸治療は、温かいお灸と心地よい鍼です。
熱いお灸と痛い鍼はいたしません。
冷え性、不妊症は、お灸で治療!!
お灸でできること 
体を温め、免疫力向上! 


京都市中京区の鍼灸院 けいらく鍼灸院 泰楽(たいらく)
京都市中京区 京都市営地下鉄京都市役所前駅徒歩3分



ページの先頭へ

1~1件目 (1件中)
rss
返金制度
せんねん灸プレゼント
相談会
できること
セルフケア
セルフケアサポーター
お灸で健康管理をしたい人急増中!!
お灸のやり方がわからないなどの疑問に、プロの視点でアドバイスさせていただきます。
問い合わせ
メールでお問い合わせ