HOME > 泰楽の最新情報一覧

健康まめ知識

1~1件目 (34件中)
rss

インナーマッスル、アウターマッスル、どっちが強い?


みなさん、こんにちは。
京都の鍼灸院、
けいらく鍼灸院 泰楽の院長 鍼灸師の勝田です。
 
9月に入って、朝夕の気温が随分と清々しくなってまいりました。
夏場は、暑くてしっかりとしたトレーニングができなかった市民ランナーの方も走りやすくなってきました。
 
トレーニングがしっかりとできるようになってくると気になるのが、怪我をしないように目標を達成できるように疲労を抜きながらよいトレーニングができるようにすることです。
 
インナーマッスルの強化は、なぜ必要?
インナーマッスルとは、字の如く、内側の筋肉を指します。
簡単に言うと、肌から触る事が難しく、関節を保持している筋肉のことを言います。
近年、どのスポーツにおいても競技のパフォーマンスを上げる方法としてインナーマッスルのトレーニングを推奨していることが多いですね。
インナーマッスルの役割は、関節の動きを微調整してスムーズな動きをサポートすることと動き始めに一番に動き始める筋肉のため、素早い動きに反応する為に非常に重要です。
インナーマッスルの最大筋力は、アウターマッスルに比べると強くないですが、姿勢保持や正しいフォームでの運動をするためには、鍛えておくとパフォーマンス向上に非常に有効です。
また、関節を動かす際に一番初めに動き始めるのもインナーマッスルですので、その辺りを意識しながら行うトレーニングも非常に重要です。
 
アウターマッスルの強化は、なぜ必要?
アウターマッスルは、外側の筋肉を指します。
皮膚表面に浮かび上がっている筋肉がそれで、とても大きな筋力を発生させます。
アウターマッスルの最大筋力が上がると、重たいものを容易に持ち上げられたり、速く走る為の力になったりします。
アウターマッスルの筋力を上げる事は、競技のパフォーマンスを上げるためには、必要不可欠です。
 
インナーマッスルとアウターマッスル、どちらを先にトレーニングする方がよいか?
各種スポーツ雑誌やトレーニングの特集を見ていると、先にも書いた通り、「インナーマッスルを鍛えよう」と書いてあることが非常に多いです。
ズバリ僕の考え方でも、「インナーマッスルを鍛えた方がイイ」と言うことは思います。
では、「アウターマッスルを鍛えなくていいのか?」となると、“NO”と思います。
インナーマッスルを先に鍛えた方がイイ人
・学生時代などに部活などスポーツをしていた人
・大きな怪我をしないようにスポーツをしたい人
・自己流でトレーニングをしている人
アウターマッスルを先に鍛えた方がイイ人
・競技力を上げるためにいろいろ試したけれど、思いのほか上がらない人
・強い最大筋力を必要とする人
インナーが先とかアウターが先とか書きましたが、言いたいことは、どちらの筋力が強いですか?と言うことです。
“インナーマッスル<アウターマッスル”の人は、アウターマッスルの持っているパフォーマンスを100%使いきれてない人です。
“インナーマッスル>アウターマッスル”の人は、アウターマッスルが足りない為に、せっかく持っているバランス力を余らせて、潜在能力を使い切っていない人です。
 
車に例えると…。
アウターマッスルは、エンジンですからパワーを引き出すところです。
インナーマッスルは、サスペンションやブレーキと言ったエンジンのパワーを制御するところ。
そして、足の裏(シューズ)は、タイヤでそれらをしっかりと地面に伝えるところです。
極端ですが、F1のエンジンの様にハイパワーのものを軽自動車にのせて走ったら、非力なサスペンションの為、車はまっすぐ走らず、止めようとブレーキをかけても止まらず、あっという間に事故を起こしてしまいます。
この状況をスポーツで言うと“怪我”です。
そして、そのパワーを受け止めるタイヤは、しっかりと合ったものを装着しなければなりません。
 
インナーマッスルもアウターマッスルも同じように筋力アップすると競技力は上がってきます。
 
あなたの弱点を見つけて、アドバイスするのも治療家の役目です。
一度、お体をメンテナンスさせてください。
 
パフォーマンスアップにつながるヒントが見つかると思いますよ。


関連記事
市民ランナーのコンディショニング
スポーツ愛好家の方へのコンディショニング
プロアスリートのコンディショニング


 

京都の鍼灸院 泰楽の鍼灸治療は、温かいお灸と心地よい鍼です。
熱いお灸と痛い鍼はいたしません。
冷え性、不妊症は、お灸で治療!!
お灸でできること 
体を温め、免疫力向上! 


京都市中京区の鍼灸院 けいらく鍼灸院 泰楽(たいらく)
京都市中京区 京都市営地下鉄京都市役所前駅徒歩3分



ページの先頭へ

1~1件目 (34件中)
rss
返金制度
せんねん灸プレゼント
相談会
できること
セルフケア
セルフケアサポーター
お灸で健康管理をしたい人急増中!!
お灸のやり方がわからないなどの疑問に、プロの視点でアドバイスさせていただきます。
問い合わせ
メールでお問い合わせ