HOME > WHO公認の鍼灸治療
WHO公認の鍼灸治療
婦人科系
不妊症・生理痛・月経不順・冷え性・つわり・更年期障害・乳腺炎・白帯下
など
泌尿器系
性機能障害・前立腺肥大・陰萎・腎炎・膀胱炎・尿道炎・尿閉など
小児科系
小児神経症(夜泣き・カンムシ・夜驚・消化不良・偏食・食欲不振・不眠
など)
小児喘息・夜尿(おもらし)・アレルギー性湿疹・虚弱体質改善など
皮膚科系
小児神経症(夜泣き・カンムシ・夜驚・消化不良・偏食・食欲不振・不眠
など)
小児喘息・夜尿(おもらし)・アレルギー性湿疹・虚弱体質改善など
神経系
不眠・めまい・自律神経失調症・神経症・ノイローゼ・ヒステリー・神経麻痺・脳卒中後遺症など
アレルギー系
気管支ぜんそく・アレルギー性鼻炎(花粉症 など)・眼炎など
耳鼻咽喉科系
鼻炎・耳鳴り・難聴・メニエル氏病・鼻出血・蓄膿症・中耳炎など
消化器系
胃腸病(便秘・下痢・消化不良・胃炎・胃酸過多 など)・口内炎・痔疾など
内分泌代謝系
バセドウ氏病・糖尿病・痛風・貧血など
呼吸器系
喘息・気管支炎・風邪・風邪予防など
眼科系
眼精疲労・疲れ目・仮性近視・かすみ目・ものもらいなど
循環器系
高血圧症・低血圧症・動悸・息切れなど
運動器系
頸肩こり・腰痛・五十肩・腱鞘炎・リュウマチ・関節炎・外傷後遺症(骨折・打撲・ムチ打ち・捻挫)など
ページトップ

鍼灸師に対する質問の中に、
「鍼ってなんで効くの?」
「鍼っていいと聞くけど何に効くの?」
など東洋医学(鍼灸治療)を経験された事のない方から、
「不安があるだろうなぁ?」や「不思議に思われているなだなぁ?」と言った内容があります。

「鍼ってなんで効くの?」
と言う質問には、諸説あります。

鍼灸刺激が自律神経系、内分泌系、免疫系等に作用して、その結果として、中枢性及び反射性の筋緊張の緩和、血液及びリンパ液循環の改善等の作用があり、ひいては、生体の恒常性(病気を自然に回復させる作用)に働きかけるのではないかと考えられています。

鎮痛効果の解明も、次ぎのような諸説があります。

・ゲートコントロール・・・・・鍼刺激が脊髄において痛みを抑制する。
エンドルフィン・・・・・鍼刺激がモルヒネ様鎮痛物質の遊離を促し、痛みを抑制する。
末梢神経の遮断効果・・・・・鍼刺激が末梢神経の痛みのインパルスを遮断する。
経穴(ツボ)の鍼刺激による痛覚閾値の上昇による鎮痛効果。
血液循環の改善・・・・・筋肉の緊張をゆるめ血行状態を良くする。(鍼灸師会HP抜粋)

ここの部分を読んでいただくと、「考えられます」や「諸説あります」と言った、まだ研究段階であると言う事がうかがえる内容となっております。

鍼灸治療におけるエビデンス(根拠・証拠)は、残念ながらまだ確立されていないと言う事が現状です。

「なぜ、エビデンス(根拠・証拠)が確立できないの?」
と言う所では、科学の世界における絶対的な標準である、
「再現性があるか?」
という所に尽きます。

鍼灸治療で言う再現性とは、
「ある手技やあるツボを使った治療は、誰がやっても同じ効果が得られる」
と言う事です。

この点においては、同じ病体の治験者(患者様)を準備して実験を行うという所が困難な点と、鍼の侵害刺激(異物が体に入る)が、未熟な治療家とベテラン治療家とでは、根本的な鍼灸治療の技術差により、治験者(患者様)の感覚(特に痛みの発生)が全く違う点において、「比較検討ができない」と言う結論に至ってしまうケースが多いことに起因いたします。

すなわち、未熟な治療家とベテラン治療家では、治療効果は歴然として違うと言う事になってしまいます。

ですが、臨床(通常の治療)においての効果は、周知のところであり、医師の中にも「鍼灸の効果は十分にある。基礎科学が発達することによって、エビデンス(根拠・証拠)が揃うに違いない」と言う方も少なくありません。

1979年、世界の健康を守っているWHO(世界保健機関)が、十分なエビデンスの確立も出来ていない鍼灸治療に対して「効果がある」としたことは、私自身の見解ですが、
「世界が鍼の効果を認めた」と言う点において、素晴らしい事だと感じております。

ではなぜWHOは、
「エビデンスの確立されていない鍼灸治療の効果を有効」
としたのでしょうか?

実際の臨床データ(治療に対する論文)によって提出された物に、有効性を認める物が多く存在しますが、まだまだ量的に少ない事もあります。
そんな中でのWHO(世界保健機関)が認めた経緯には、
「鍼灸治療(東洋医学)が紀元前200年頃から長きに渡って培ってきた膨大な数の臨床実績(治療実績)が、科学的なエビデンスに匹敵すると、結論づけられた」
と言ってもいいのではないかと私は考えています。

日本国内では、鍼灸は、600年頃、遣隋使によって伝えられたとされています。
その後、1543年に西洋医学はヨーロッパより伝えられましたが、1000年弱続いていた東洋医学の優位性はそのままに、今から150年余り前の明治までは主要な医療として、国民の健康を守ってきたと言う経緯があります。

今でこそ「民間療法の一端」と言った位置づけでありますが、本来、国家資格の制度が確立されている日本では、1500年続いている医療として認知されるべき医療と言えます。

ページトップ
返金制度
せんねん灸プレゼント
相談会
できること
セルフケア
セルフケアサポーター
お灸で健康管理をしたい人急増中!!
お灸のやり方がわからないなどの疑問に、プロの視点でアドバイスさせていただきます。
問い合わせ
メールでお問い合わせ