HOME > 泰楽の最新情報一覧

ブログ

1~1件目 (1件中)
rss

鍼灸治療で不妊治療をサポート


日本国内で体外受精で誕生する命が21人に1人の割合となったことが、産婦人科学会のまとめで発表されました。(2014年出産)

体外受精の歴史としては、1978年に世界初の体外受精児が誕生したとされ、1983年に日本初で誕生したとされています。
世界では40年弱、日本でも30年余りの歴史がある事となります。

様々な原因で妊娠に至らないケースがありますが、晩婚化によって出産年齢が高くなることで不妊に悩むケースもその一つです。

そんな中、ここ数年で体外受精への正しい知識が周知されたことや、助成金制度も確立され経済的な負担も軽減されてきた事が、一歩を踏み出しやすくなった要因と考えられます。

体外受精での妊娠率は23%程度です。

この数字を高いと見るか低いと見るかは、人それぞれと思いますが、妊娠を望むカップルにとって、少しでも高くなってほしい数字と思います。

自然であれ、タイミング療法であれ、また人の力を借りる人口受精であれ、体外受精であれ、妊娠にたどり着ければ、それは、子どもを望むカップルにとっては、かけがえのない命を宿したことになります。

鍼灸治療でできることは、体温の上昇、ホルモンのバランス、内膜の状態など具体的に上げればきりがありませんが、それらを少しずつ安定化させてことで、体調を管理し、少しでも着床する確率を上げ、妊娠継続ができるようにすることです。

以前、婦人科で不妊治療をサポートさせていただいていたDrから言われたことがあります。
「勝田先生の治療を受けた患者様の多くが、他の鍼灸師の治療よりも圧倒的にホルモンの値が高くなり安定している。」とご報告を受けた事です。
その医院では、他の鍼灸師も数名おられましたが、そういう評価を受けた事は、今でも僕の不妊治療をする上で自信となっております。

その実績が、不妊で悩むカップルに少しでもお力になれるように治療に当たっていきたいと思っています。


ページの先頭へ

1~1件目 (1件中)
rss
返金制度
せんねん灸プレゼント
相談会
できること
セルフケア
セルフケアサポーター
お灸で健康管理をしたい人急増中!!
お灸のやり方がわからないなどの疑問に、プロの視点でアドバイスさせていただきます。
問い合わせ
メールでお問い合わせ