HOME > 泰楽の最新情報一覧

ブログ

1~1件目 (1件中)
rss

受精卵凍結からの妊娠・出産


日本産科婦人科学会が発表した、2014年に体外受精で生まれた子どものうち、8割が受精卵凍結を行った後、子宮に戻したケースだったと発表された。
データによると2014年では8割、体外受精が始まった1983年からの累計でもほぼ半数が凍結を経て、移植したしたケースで、体外受精の主流となってきている技術です。
高度医療もここまで来たかと言うような話ですね。

採取した卵子は良質なもので上手く受精しても、子宮のコンディションが悪い時に戻してしまうと、当然のことながら着床率は下がり、仮に着床しても妊娠継続が上手くできなかったりしてしまします。

ですが、子宮のコンディションのいい時に戻すとより結果が出る可能性は上がります。

母体のストレスも考えると、しっかりと管理ができるのならばいい技術ですね。
技術にデメリットがないわけではなさそうですが、子宮の良いコンディションを選べるという大きなメリットがあるので選択されていると思います。

ここまでの高度医療になると、鍼灸師の出番はないと言われそうですが、婦人科で子宮のコンディションUPを行う事葉されると思いますが、鍼灸治療も一端を担うことが出来ます。
鍼灸治療の幅広い効果を活用して、少しでも高い着床率、妊娠率になっていただけるようお手伝いできると考えます。


ページの先頭へ

1~1件目 (1件中)
rss
返金制度
せんねん灸プレゼント
相談会
できること
セルフケア
セルフケアサポーター
お灸で健康管理をしたい人急増中!!
お灸のやり方がわからないなどの疑問に、プロの視点でアドバイスさせていただきます。
問い合わせ
メールでお問い合わせ