HOME > 泰楽の最新情報一覧

ブログ

1~1件目 (1件中)
rss

鬱って・・・。


あなたは、鬱と言うとどのような症状を想像されますか?
「やる気が出ない」や「憂鬱だ」「なんだか落ち込んでいる」など気分の変化を想像されるのではないではないでしょうか?
 
そのような気分の変化も“鬱症状”としてとらえる事ができますが、それ以外にも「摂食障害(食欲増進・減退)」や、それに伴った、「体重の変化」「睡眠障害」「疲れやすい」なども大きな症状と言えます。
加えて、「精神運動機能障害(動作・話し方の変化)」、「気力の減衰(それに伴った思考力・集中力低下)」なども続いて出てくる症状です。
さらに、自責の念にかられ、必要以上に自分を責めたり、最悪「自傷行為」に及ぶ事もあります。
最近では、世間や他人を必要以上に責める「他責感」も多く報告されています。
 
上記のようなことが症状分析で、西洋医学的治療には日常生活指導や抗鬱薬の処方がなされます。
 
東洋医学的な症状分析では、「鬱は、気血の滞りによって起こる」とされています。
そして、気血の滞りは、各臓腑に配当されている、七情(怒・喜・思・憂・悲・恐・驚)に変化によって起こり、結果的に西洋医学と同じ症状が出てまいります。
 
少し詳しく話しますと、東洋医学には、「内傷なければ外邪入らず」と言う言葉があります。
内傷とは、心の傷を指し、七情の変化の事を意味します。
例を挙げると、東洋医学では、怒りと言う感情は、臓器で言うと肝に属し、肝は意思決定を行う場所とされています。

ここで、あなたの今までの経験を思い出してください。
自分もしくは他人の行動で、過度な怒りの感情をむき出しにしていると、正常な判断が出来ていない場面に出会った事はありませんか?
また、怒りの感情を押し殺して、自分にストレスをかけその場を乗り切った事はありませんか?
 
普通に生活しているだけで、この2つの行動は誰しもが経験したことがあると思います。
 
そして、この2つの行動を起こした後、その場から離れると、感情をむき出しにした時と押し殺した時とではどちらが心の変化として大きく残っているでしょうか?
恐らく、押し殺した時の方が、体も心も辛くなってしまうのではないでしょうか?
 
これが、鬱の卵と思います。
 
今は、怒りと言う事を例に出しましたが、残りの喜・思・憂・悲・恐・驚の六つの感情にもこのような事は言えます。
 
僕が考える鬱と言うものは、「過度の心の変化を、吐き出す事なく心に溜め込み、各人持っている容量を超えた時に、鬱症状が現れる」と考えます。
 
鍼灸治療のサポートの仕方は、七つの感情のどの部分が最も傷ついているかを把握し、その他の体の変化(症状)をどの臓腑の病かを判断し、滞っている気血の流れを正常な流れに変化させることによって治療効果を出せるようにしていきます。
「仕事ばかりでストレスを吐き出すところがない」と言う方は、要注意です。
 
治療だけでなく上手く吐き出す方法を見つけ、常にフレッシュな気持ちを大事にしていきたいですね。



冷え性、不妊症は、お灸で治療!!
お灸でできること 
体を温め、免疫力向上! 

けいらく鍼灸院 泰楽(たいらく)
京都市中京区 京都市営地下鉄京都市役所前駅徒歩3分

 


ページの先頭へ

1~1件目 (1件中)
rss
返金制度
せんねん灸プレゼント
相談会
できること
セルフケア
セルフケアサポーター
お灸で健康管理をしたい人急増中!!
お灸のやり方がわからないなどの疑問に、プロの視点でアドバイスさせていただきます。
問い合わせ
メールでお問い合わせ