HOME > 泰楽の最新情報一覧

ブログ

1~1件目 (1件中)
rss

咳が止まった。


みなさん、こんにちわ。
京都の鍼灸治療院、 けいらく鍼灸院 泰楽の院長、鍼灸師の勝田です。
 
今回は、咳がなかなか止まらない子どもの治療です。
患者様は、7歳の男の子。
1週間くらい前から、断続的に咳が出ていて、この2~3日特にひどくてなっている。
咳以外に鼻詰まりもあって、両症状が夜に出るとしっかり寝むれていない。
睡眠がしっかりととれていない為か、なんとなく元気がない。
熱はないが、鼻水はやや粘性のものがある。
病院には、かかっておらず、服薬もない。
 
7歳の子どもであっても、しっかりと本治法をする為、脉診・腹診・切経をしっかりと行い証(あかし)を立てて経絡治療をする。
陰経のツボを3つ選んで適切な手技で脉を整えた後、陽経の胃経・大腸経・小腸経・三焦経をそれぞれ1穴ずつ選んで治療。
最終的に大腸経の脉だけ、落ち着きが悪かったので、良くなるように調整。
背中の治療に入って、背中を観察すると、肩甲骨周辺のツボに力がないようで、お灸を選択して4か所に施灸。
お灸は、熱くない温度で行って、患者様も気持ちいいと言っていました。
お灸が終わった後、脉を再度確認して、安定しているので治療を終了。
翌日、2回目の治療。
初回の治療で咳は、10→6くらいまで改善。
もう一息と思い治療に当たりました。
2回目も同様に治療を行おうとすると、1回目とは違う証(あかし)となって、選ぶツボも変わりました。
陰経陽経ともに処置をして、今回は最終的に、胃経の脉がなかなか落ち着かないので、こちらも落ち着くように処置をしてから、1回目と同じお灸をして、2回目の治療を終了。
 
翌日、確認をした所、咳は完全に止まって、元気も出てきて一安心といったところでした。
 
子どもの治療って、本当に即効性があります。
2日連続でできた事も、今回の症状を改善する上で重要なポイントだったように思います。
 
「咳の治療が鍼灸にあるなんて…」と言われる方も多いのですが、肩こり・腰痛が鍼灸治療のすべてではありません。
むしろ、それ以外の所の治療が、「鍼灸師の腕の見せ所…。」って言う部分もあると思います。
 
「風邪を引いたから鍼灸治療に行こう」って言う方は、なかなかおられないと思いますが、「咳だけずっと取れない」や「鼻水がなかなか止まらない」など、長引く症状には、一度鍼灸治療を試してみてください。
 
京都の鍼灸院 泰楽の鍼灸治療は、温かいお灸と心地よい鍼です。
熱いお灸と痛い鍼はいたしません。
冷え性、不妊症は、お灸で治療!!
お灸でできること 
体を温め、免疫力向上! 


京都市中京区の鍼灸院 けいらく鍼灸院 泰楽(たいらく)
京都市中京区 京都市営地下鉄京都市役所前駅徒歩3分

 


ページの先頭へ

1~1件目 (1件中)
rss
返金制度
せんねん灸プレゼント
相談会
できること
セルフケア
セルフケアサポーター
お灸で健康管理をしたい人急増中!!
お灸のやり方がわからないなどの疑問に、プロの視点でアドバイスさせていただきます。
問い合わせ
メールでお問い合わせ