HOME > Q&A
Q&A
それぞれのご質問をクリックしていただくと、回答がご覧いただけます。
A、当院で行う鍼は、経絡治療での鍼が主です。
経絡治療は、皮膚の極浅い所に刺激を入れる為、痛みはありません。
当院に通う患者様のほとんどは、経絡治療を受けて「もう終わったのですか?」「何も感じませんでした」と言う事が殆どです。安心して治療をお受けください。
ページトップ
A、院で行うお灸は、症状によって種類を使い分けています。
当院に通う患者様のほとんどは、「お灸って、気持ちいですね」「もっとやってはダメなんですか?」と言われる方がほとんどです。
一度試してみると、体の変化に驚かれると思います。
ページトップ
A、当院で使っている鍼は、使い捨ての鍼を使用している為、患者様一人一人鍼を処分するため、感染症の心配はございません。
ページトップ
A、鍼灸治療は、症状がなくても治療を行うことができます。
痛みや症状の緩和と言うイメージが強いですが、「未病治(未だ病になっていない病を治療する事)」と言う言葉があるように、脉診や腹診などを使って患者様も感じていない隠れた症状を改善いたします。
脉診や腹診で隠れた症状もないと判断した場合でも、体を強くするための健康増進としての治療もありますので、どのタイミングでも治療は可能です。
ページトップ
A、ご予約については、随時受け付けております。いつでもお気軽にお電話ください。
患者様の中には、「治療中にお電話を掛けると申し訳ない」とお気遣いいただく方もおられますが、お気になさらずにお電話ください。
ページトップ
A、お子様と一緒にご来院いただいても大丈夫です。
治療に際して、お子様がおられるから不都合があると言う事はありません。今まで、お子様と一緒に来られた方は、待合のソファで遊ばせているか、空いているベッドで遊んでいるかでした。乳幼児の場合、ベビーカーを治療を受けていただいているお母さんの横まで入れる事もありました。
ページトップ
A、経絡治療をする際には、「膝から足先」「肘から手先」まで見える服装をお願いしています。また、背中へのアプローチがありますので、特に女性の方は、服を脱いでいただかなくても治療ができるように、肩口が開きやすい格好をしていただけますと大変助かります。
急なご来院の場合は、治療着も準備をしておりますが、できる限り持参していただけますと幸いです。
ページトップ
A、申し訳ございません。当院では、お試し治療は行っておりません。
理由として、通常治療とお試し治療の違いを明確にできない為です。
今まさに、お体の不調を訴える方に「お試しは、ここまでです」と言った治療は、患者様の症状回復に適した施術にならず、お試しと言う言葉では、良い治療が提供できないからです。
治療に対する不安があるようでしたら、ぜひ、無料相談に一度ご来院いただくか、初回治療費返金制度にて当院の治療を体験してみてください。
ページトップ
A、ご紹介もない、行ったこともない、どんな人が治療をしてくれるかわからないなど、ナイナイばかりの状態で、お体をゆだね鍼灸院を受ける事は、とても勇気がいります。そんな気持ちを少しでも和らげるのがこの無料相談の目的です。
30分程度の時間をいただき、患者様の症状をしっかり聞いたのち、日常生活での注意点などアドバイスを差し上げ、当院で治療をするとすればどのような治療がが提供できるかをご提案させていただきます。
もちろん、「相談したから必ず治療をお受けください」と言うものではありません。
じっくり考えていただいて、納得していただいてから治療を受けていたでけるように設けたシステムです。
ページトップ
A、基本的には、往診は行っておりません。
往診治療では、設備の整った治療室(治療ブースの広さや治療室内の温度管理など)で行う院内治療に比べて、「治療自体のクオリティが確保できない」と言う事が、往診治療をしていない理由です。
ただし、当院ご来院経験のある方で、急性症状等で自宅から動けない症状になられた場合は、状況に応じて対応させていただきます。急性期の場合はお電話ください。
また、当院ご来院経験のない方で、難病を患っておられ容易に外出ができないと言う方で往診をご希望の場合は、ご本人でなく代理の方でも、一度、無料相談にて、症状の確認へご来院いただいた後、状況に応じて対応させていただきます。
尚、治療費及び往診費は、ご相談となります。
ページトップ
A、はい、ご利用いただけます。VISA、JCBがご使用いただけます。
ただし、1回払いのみとなっております。分割・ボーナスでのお支払いはできませんのでご了承ください。
ページトップ
A、申し訳ございません。自由診療のため、健康保険のご使用はできません。
ページトップ
A、申し訳ございません。契約駐車場はございません。近隣の駐車場をお使いください。
ページトップ
A、1台のみですがビル内に特別に駐輪できるようにしてあります。ご来院の際に一言お声かけください。
ページトップ
A、申し訳ございません。治療用のベッドは2脚ございますが、1人の患者様に時間いっぱい付っきりで治療をする為、同時に複数の患者様の治療をする事はできません。治療のクオリティを確保するためですので、ご友人様と少し時間をずらしてご予約ください。
ページトップ
A、もちろん、お電話でのご相談にもお受けしております。
ただし、治療中は、長いお電話はできませんので、時間の空いている時にこちらから折り返しお電話を差し上げます。
ページトップ
A、是非、他院に行かれている事はお話ください。
基本的に治療自身は、問題なくお受け頂けます。
ただし、隠して治療をお受け頂きますと、最近、一般化してきている「お薬手帳」でお薬の重複もしくは拮抗を確認するように、他院での通院を隠して頂いていると、治療同士がかみ合わない為に健康を手に入れるのが遅れる事がございます。
ページトップ
A、数点あります。
治療後は、ゆっくりと睡眠を取る事でお体はさらに回復し、体調が安定いたしますので睡眠時間はしっかり取ってください。
入浴は、体が疲れる原因となりますので、長湯は避けてください。
治療後の飲酒は、血流が良くなっている事もあり、お酒の周りが早くなりますので、避けていただく方がよいです。
ページトップ
A、当院は、銀製とステンレス製の鍼を使用いたします。
金属アレルギーがある方は、事前にお申し出ください。
鍼を使わず、お灸を治療の中心にしての治療も組み立てますので、安心してご来院ください。
ページトップ
A、基本的には、問題が出ないようにバランスを取りますので大丈夫です。
ただし、運動直前の治療は、馴染んでいる筋肉の緊張や関節の可動域が大きく変化するため、激しい運動などで怪我の原因となる事がります。
治療を受ける前にご相談いただければ幸いです。
運動前日くらいでの治療では、逆に筋肉の疲労を除去し、関節可動域を適正にすることができますのでパフォーマンス向上に役に立ちます。
動後の治療は、疲れを残さないのに役に立ちます。
ページトップ
返金制度
せんねん灸プレゼント
相談会
できること
セルフケア
セルフケアサポーター
お灸で健康管理をしたい人急増中!!
お灸のやり方がわからないなどの疑問に、プロの視点でアドバイスさせていただきます。
お問い合わせ
メールでお問い合わせ