HOME > 泰楽の最新情報一覧

ブログ

1~1件目 (1件中)
rss

理想的な寝具は?


みなさん、こんにちは。
京都の鍼灸院、けいらく鍼灸院 泰楽の院長 鍼灸師の勝田です。

患者様からこんな質問も良く受けます。
「ベッド(マットレス)は、硬いのと、柔らかいのとどっちかいいですか?」さらに「やっぱり高いベッド(マットレス)の方がイイんですよね?」なんてものあります。
 
実は、この質問、治療家にとってかなり困る質問の一つなんです。
 
硬いベッド(マットレス)が私は好き。
いやいや、柔らかいベッド(マットレス)の方が寝やすい。
そんな論争は、たくさんあると思います。
一般的に理想的な寝具、特に枕を含むマットレスや敷布団に関しては、体圧分散性がよいものがよい寝具とされ、掛布団は、軽いものがよいとされています。
人間の骨格は、でこぼこしています。
板の上で仰向けに寝た際、頭・背中・お尻・かかとに自分の体重を感じると思います。
逆に、首・腰・膝は、浮いていて重さを感じることはないと思います。(浮いているがためにだるさは感じると思いますが)
体圧分散性がよいというのは、この浮いている場所も寝具に接し、体重を感じている部分の重さを分散できていることを言います。
それを考えると、柔らかい寝具の方がよいように感じますが、柔らかければよいというものではないようです。
 
欧米のマットレスは、沈み込むように柔らかく包み込まれるような感じでとても心地よい寝心地なのですが、こういうマットレスは、元々筋肉や関節が柔らかく、柔らかいマットレスになじむような骨格と筋肉の質を持っている人にはとてもいいと思います。
逆に、筋肉や関節が比較的硬い人が、沈み込むようなマットレスで寝ると、寝転んだときはいいのですが、一晩寝ると腰をはじめ首筋などに痛みを感じる人が多いです。
 
体圧分散性がよいことは絶対条件なのですが、自分の骨格や筋肉の質によってマットレスの柔らかさも変わるということも念頭に置いていただきたいです。
 
日本人は欧米人に比べて筋肉の質も硬い傾向にあります。
それを考えると、柔らか過ぎるベッドよりは適度な抵抗があるマットレスの方が合う人が多いように思います。
日本人は、元々マットレスで寝ていませんでしたし、畳ベッドと言うマットレスがなく布団を敷いて寝る方も多いです。
その辺りから考えても、適度な抵抗があるマットレスの方が日本人には合うような気がします。
また、柔らかいマットレスですと、沈み込んでしまう為、上手く寝返りができず、これも疲労の原因になってしまします。
 
人間は、一日8時間寝ているとして人生の25%を寝ていると言われます。
寝具を理想のものにするのは至福なことかもしれません。
でも、「これが絶対合う」っているものはやはりありません。
十人十色で人それぞれです。
 
体圧分散性の部分でも触れましたが、人間の体はデコボコしています。
しかも、そのデコボコのカーブは、毎日の疲労度などでコンディションが同じではありません。
と言うことは、厳密には、毎日のコンディションにピッタリ合わせた寝具にしようと思うと、毎日違う寝具を使うことになりますね。(そんなことはできませんが)
 
寝具選びは、本当に難しいですが、理想の寝具に出会えた時は、健康維持に一役かってくれるはずです。
早く、理想的な寝具に出会いたいものですね。



関連記事
不眠症
睡眠は、なぜ必要?
理想的な睡眠時間は?

 
 
京都の鍼灸院 泰楽の鍼灸治療は、温かいお灸と心地よい鍼です。
熱いお灸と痛い鍼はいたしません。
冷え性、不妊症は、お灸で治療!!
お灸でできること 
体を温め、免疫力向上! 


京都市中京区の鍼灸院 けいらく鍼灸院 泰楽(たいらく)
京都市中京区 京都市営地下鉄京都市役所前駅徒歩3分



ページの先頭へ

1~1件目 (1件中)
rss
返金制度
せんねん灸プレゼント
相談会
できること
セルフケア
セルフケアサポーター
お灸で健康管理をしたい人急増中!!
お灸のやり方がわからないなどの疑問に、プロの視点でアドバイスさせていただきます。
問い合わせ
メールでお問い合わせ