京都のけいらく鍼灸院泰楽 冷え性・不妊治療の改善なら鍼師免許・灸師免許を持つ鍼灸師のいる泰楽へ

HOME > 泰楽のトクするはなし

脊髄小脳変性症

脊髄小脳変性症は、10000人に1人程度の発症とされ、日本では約3万人程度の患者様がいるとされています。

症状としては、運動失調症が主なものであります。
ふらつきやしゃべりにくさ等ありますが、ゆっくり症状が進行していきます。

鍼灸治療で、どのような処置をしていくかと言うと、
経絡鍼灸治療を
行う事で症状の進行を抑えたり、
出ている症状を軽減させる事を目的に行います。

特に効果を見ていただける部分としては、
「西洋医学のお薬がよく効くようになった」
言っていただける事がおおいです。


治療実績①


 
治療期間の目安   症状の変化が感じられましたら、継続的な治療をお勧めいたします。
治療ペースの目安  1~2週間/回


 

京都鍼灸院「泰楽」へのアクセス(近隣パーキングMAP)

  • ビルの外観です。
  • こちらの看板が目印です。
  • ●側入口よりお入り下さい。
  • エレベーターで3Fにお上がり下さい。
  • リラックスして治療を始めましょう。
地図
GoogleMapで見る 印刷する
泰楽でトクするはなし
できること
相談会
返金制度
せんねん灸プレゼント
問い合わせ
メールでお問い合わせ
セルフケア
セルフケアサポーター
お灸で健康管理をしたい人急増中!!
お灸のやり方がわからないなどの疑問に、プロの視点でアドバイスさせていただきます。