京都のけいらく鍼灸院泰楽 冷え性・不妊治療の改善なら鍼師免許・灸師免許を持つ鍼灸師のいる泰楽へ

HOME > 泰楽のトクするはなし

女性の更年期障害

「のぼせ・発汗のホットフラッシュが更年期のお悩みNo.1!」
あなたの更年期は、どんな症状ですか?
一緒に症状改善をいたしましょう。

 
 
女性ホルモンが大きく関係する初潮と閉経
10代初めに始まる初潮は、性ホルモンの分泌が始まる第2次性徴の時期と合致し、子どもの体から大人の体に変わってくるサインです。
女性は初潮が始まると、個人差はありますが40年近く定期的な月経があり、毎月の月経痛や月経前症候群などに心も体も日々の変化を感じながら、日常生活を送られます。
そして、50歳前後に迎える閉経は、徐々に女性ホルモンが少なくなってきて、月経が無くなってきます。
女性にとって、10代初めに始まる初潮と50歳前後に迎える閉経は、お体の変化が大きく出る時です。
特に閉経前後5年と言われている更年期には、ツライ症状を訴える方が多いです。
そんな症状を少しでも軽くして、日常を過ごしていただくために、経絡鍼灸治療を試してみてください。
  
多種多様の更年期症状
一言に更年期症状と言ってもかなり多くの症状があります。
《肉体的に現れるもの》
  • のぼせ
  • ほてり
  • 発汗
  • 動悸
  • 頭痛
  • 耳鳴り
  • めまい(回転性・浮動性)
  • 吐き気
  • 不眠症
《精神的に現れるもの》
  • イライラ
  • 怒りっぽくなる
  • 不安感
  • 落ち込みやすい
数え上げればきりがないほど様々な症状があります。
 
そんな中、「一番つらかった症状は?」と言う問いに「ホットフラッシュ(のぼせ・ほてり・発汗)」が、回答に上がる事が多いと言うことです。
もちろん他の症状も辛い症状ですので順位づけは難しいと思いますが、このホットフラッシュは、外出先でも寝る時でも所構わず症状が出ることがあると言うことで一番に上がる事が多いようです。
また精神的な「イライラや不安感」は、更年期になる時期が、子どもたちの巣立ちやご主人の退職など生活の変化がある不安定になる時期と重なる事でさらに強く症状が出ると言うことが考えられます。
体の変化と心の変化、そして家庭内の変化が同時にやってくる時期を上手く乗り越えるお手伝いをぜひさせてください。
 
 
東洋医学(鍼灸治療)で更年期症状を軽減するには…。
更年期症状は、女性ホルモンの減少が原因で出てくる症状です。
西洋医学では、ホルモン値が急激に下がらないようにお薬でコントロールをすることが一般的ですが、東洋医学(鍼灸治療)では、リラックス効果を出すだけでなく、鍼や灸を使って皮膚から脳へ適切な刺激を与えて、お体に出る様々な症状を軽減していきます。
更年期を経験した方に「更年期症状を和らげる方法は何をしていたか?」と言うアンケートを取ったところ、最も多かった答えは、「横になる事」でした。
つまり、「しっかりと休息をとる」と言うことです。
そして、2つ目に多かったのが、「サプリメントや漢方薬を試す」と言う何らかの治療をすると言うことでした。
これを考えると、鍼灸治療をすることでアルファー波が出やすくなりリラックス効果が高いことは研究でわかっていますし、適所に鍼灸をすることで、東洋医学的な考えでのホットフラッシュの原因である、「逆気」に対しての治療法があります。
サプリメントや漢方薬も対策としてはイイものと思います。
鍼灸も、ぜひ一度お試しください。
 

 
治療期間の目安   初期1~2か月で症状軽減
          保存治療症状が気になる間
治療ペースの目安  初期1回/週
          保存治療2回/月

※治療ペースの目安は、鍼灸のみでの治療の場合の大まかな目安です。すべての方が当てはまるものではありません。

京都鍼灸院「泰楽」へのアクセス(近隣パーキングMAP)

  • ビルの外観です。
  • こちらの看板が目印です。
  • ●側入口よりお入り下さい。
  • エレベーターで3Fにお上がり下さい。
  • リラックスして治療を始めましょう。
地図
GoogleMapで見る 印刷する
泰楽でトクするはなし
できること
相談会
返金制度
せんねん灸プレゼント
問い合わせ
メールでお問い合わせ
セルフケア
セルフケアサポーター
お灸で健康管理をしたい人急増中!!
お灸のやり方がわからないなどの疑問に、プロの視点でアドバイスさせていただきます。